アーユルヴェーダ石鹸 

手作り石鹸のこと

3月:目覚めのsoap

f:id:marukohati:20180130221222j:plain

新丸子、雪がチラリと舞っていますが積もるほどではありません。ハティは通常営業。暖房maxでお部屋はぬくぬく。今日はスパイスとりんごの甘味を効かせたお茶をご用意しております。まだまだしっかり寒いですが、春のお誘いを一つご紹介させていただきます。

 

ハティでは、アーユルヴェーダの知恵を元に石鹸作り教室を行なっています。その一つに「リトウチャリヤの会」という、初めてさんもベテランさんもどなたでもご参加いただけるクラスがあります。嗅覚を働かせて、季節の移り変わりを感じながら石鹸を作っていく単発レッスンです。季節ごとにご案内させて頂いているのですが、春の受付が始まりました。(3月・4月・5月・・・。)

 

3月は、目覚めのsoapを作ります。だんだんと温かくお日さまが元気になる春は、冬の間に溜め込んだ不要なものが雪解け水のように溶け出し、動きのはじまる季節と言われています。冬眠からの目覚め・・・。お肌・心・体をしっかり覚醒させて、春をたのしんでいきたいものですね。春は花粉なども舞い、お肌トラブルもでやすかったりー。どうしてお肌トラブルがおきるのかー、アーユルヴェーダからひもといていくのもおもしろいものですよ。春を心地よく過ごすための、爽やか&軽やなカパのデトックスが得意なお香りをご用意しております。一緒にお肌に優しいナチュラル石鹸を作って見ませんかー。        

 

お気軽にご連絡頂けましたら嬉しいです。 

◼︎3月:目覚めのsoap(リトウチャリヤの会)